once again

ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

Marcus Miller(b)(マーカス・ミラー) sayominnの音楽は魂だ!


マーカス・ミラー見てきました@ブルーノート東京

何を思ったのか、日曜日に予約して火曜日に行ってきました!
私はこの人のことは、よく知りません。
J-WAVEでかかっているのを流し聴きしてた程度です。

関係ないけど、たま~にクリス・ペプラーが「最近のマーカスはどーのこーので××がお気に入り~」と
なれなれしい紹介しますよね?(マーカスに限らず、クリスはなれなれしい!)
「で、お前はマブダチなのかよ?」と心の中で毒づいたりぃ~…。(笑)


私が知っているマーカスの知識は「ウィントン・ケリーの甥」「グラミー賞受賞」ぐらいです。
この人のジャンルもよく分かりません。
大きく分けるとフュージョンなのかもしれないけど
J-WAVEでかかってるってことは、アーバンなんちゃらの部類に入るのかなぁ~??
あのテンション(コード)の使い方ってアーバンなんちゃらっぽいですよね?
(でも一応ジャズボサの書庫に入れておきます。)



それにしても。

スゲーねェ~。この人。
一個一個の音の粒がスゴイ。
バド・パウエル(p)の音の粒と似てる粒感が、ある。
コードの使い方は、クラッシクでいうとサテイのような異端児的なイメージ。。。
(普通気軽に使わないでしょ。女の子はああゆうーの好きかな?…つか、私はなじみがない。)
でもって、丹田(おへその下の方にあるツボです。字あってるかな?)から音が出てて
こちらの丹田に入り込むズズーンという音!
こんな丹田野郎はかつていただろうか。

ベースがリーダーのバンドは初めてで、どんなスタイルでやるのか興味しんしんでした!
この人の曲ってベースがメロデイーとったりアドリブする事が多いけど(リーダーだから当たり前~)
その間もベースとしてのベースの音が鳴ってるんですよねェ~。
それ用のベースがいるのかな(合計2名)と思いきや
なんの事はない、keyがベースの音出して弾いていた!(アヒャ!

もっと色々書きたいけど、とりあえずこのへんで。
続きは後日upします。(これ書いてる時間見てくださいよー。もう寝る!)