once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

United 93

2001年9月11日のテロでハイジャックされた4機のうちの
墜落した旅客機の機内の様子を中心に描いた映画。

ハイジャックされてしまったらどこにも逃げ場がなので、
犯人の計画を阻止しない限りは乗客全員が死んでしまう。。

犯人に操縦席を奪われてしまったら、泣こうがわめこうが、ほぼおしまい。
機内のほとんどの様子は想像なんだろうけど、実際はもっと悲惨だったんじゃないかなぁ。。

機内に℡が設置されているのにはびっくりだったけど(そういう飛行機に乗ったことがないから)
自宅に電話しているのを犯人が気が付かないのもびっくり。
フツーに考えたら電話線を引きちぎって、℡している人を殺したりするんじゃないのかな??
家族や恋人に「愛してる」と最後の別れを告げるのはアメリカ人らしいなと思った。

飛行機ってレーダーで感知されていて、ぶつかりそうになったら回避せよとかって連絡してたり
操縦席でリアルタイムでニュースが分かったりするもんなんですねェ~。

このときにハイジャックされた4機は、4機ともアメリカの国内線だったわけですが
すべての(アメリカ)国内の空港を閉鎖しろ、と命令を出していた点もアメリカらしい発想だな~。。


しかしハイジャックって、犯人は自分も死ぬのになんでやるんだろう。
この映画を観たら、飛行機に乗るのが少しコワクなりました。。





公式サイト↓