once again

ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

パフューム ある人殺しの物語

時代背景も、映像も音楽も、すごく良かった。
この映画、結構好き。 公式サイト→ http://perfume.gyao.jp/

幻想の世界へといざなう香り。
香りという芸術を極めるがゆえに、ある行動を起こす男。
芸術家だったら許される、ということではないけど
パンピーにはもち得ない人生がそこにある~!!
孤高な芸術家だけに与えられた「狂気」という称号には
ものすごく惹かれる。


この映画をみて心配になったことは。。
ちまたで自分こそが最も特別で、最も有能で、最も最先端で、最もイケてると
勝手に信じ込んでいるパンピー(男女年齢問わず)がこの映画を観た場合、
こういう映画の主人公をお手本(?)にして、イケてる自分に酔いしれるあまりに
勘違いで突飛な言動を起こすんじゃないかってこと。

世の中で一番やっかいで、常に根が深いところに問題を抱えているものは、
この手のパンピーただ一種だけだと私は思ってる。
破壊や殺人を楽しむような内容の、子供が簡単に扱えてしまう類のゲームソフト同様に
こういう映画の上映は慎重にしないと…、となんとなく思いました。