once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

今月みた映画@2本


『愛と青春の宝塚/紫吹・彩輝バージョン』
一幕と二幕に分かれていて、間に休憩がありました。(全部で3時間ぐらい)
実際の舞台をライブ録画して上映したものでした。
舞台があって指揮者・演奏者がいて観客がいて、、、
その映像をスクーンで観る、という映画で面白かった~!!!


準主役の「彩輝くなお」という人がカッコよかった。
主役の「紫吹 淳」は歌うとき(音域の)下はEかE♭ぐらいまででてた。
もうちょっと下もでそう。
なんでそんなこと分かったのかというと、自分がいちおうE♭まではるから(笑)


演出家役の「石井一孝」が、ソロで5拍子の曲を歌った場面があったけど
すごーいと思った。歌がというか、歌なんだけど、
セリフのような語り口調のような歌ような、って感じがちょっと面白いと思った。
「12312、12312、12312…と5拍子の小節感をカウントしながら聴いていたけど
途中で1小節だけ3拍子になったりしてる曲を
楽勝で歌ってる(語ってる?)のがすごいと思った。


『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』
村上春樹が好きな人は、太宰治が好きっていう人はけっこういると思う。(私もそうだし・笑)
ストーリーは別にどうでも良かったけど
昭和の建物とか衣装とか言葉使いとかに関心あり、なので観てきました。
夫が妻に敬語で話している点が良かった。
浅野忠信太宰治役だったけど、濃くもなくサラっとしてて良かった。
でもあの夫婦(←太宰夫婦)は妻も変わってると思う。
ある意味似たもの同士でくっついてる。。


写真は、今月のある日飲んだワイン。
右のエミリオは気に入っていて、みつけた時はまとめて買ってる。
フランスボルドーの2005年のは美味しいと思う。


※写真と本文は関係ありません