once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

カラー@Wedding march(ウエディング・マーチ)

f:id:planet2019:20200131033052j:plain

品種:ウエディングマーチ

 

カラーは

①畑で育つものと

②田んぼで育てるもの

があります。

 

田んぼで育てるときは二毛作で育てて、

年2回、ブライダルシーズンに合わせて

出荷しているそうです。

③春の出荷と

④秋の出荷です。 

 

ちょっと記憶が曖昧な部分もあるのですが、

田んぼで育てるときは

水の温度を15度に保って育てているそうです。

(たしか、そうだと思う。曖昧ですみません)

 

夏は冷房をかけて

昼と夜の空間の温度も一定に保って育てるので

夏も冬もハウス栽培となりますね。

栽培には肥料や水や、社員やパートさんなんかの人件費の他、

光熱費の部分でもお金かかってます。

 

なのに、

花屋さんで1本数百円で買えてしまいます。

果たして生産者の方々に儲けがあるのだろうかと

ときどき疑問に思います。

 

f:id:planet2019:20200131042359j:plain

 

で、画像のカラーは白カラー代表の

「ウエディングマーチ」という品種です。

茎が太くて長さがあるのが特徴です。

 

余談ですが、茎が細くて長さが短いカラーは

「クリスタル・ブラッシュ」(←品種)といいます。

どちらもウエディングの現場で使用されます。

 

立派なカラーだと、長さが1メートルぐらいあったりして

そういうものは

撮影現場(写真or映像)の小道具として使われたりもします。

 

有名なカラーのブランド(というのかな?)では

『恋人のカラー』というものがあります。

『恋人(こいびと)』と書いて、『こいと』と読みます。

産地は千葉県君津市です。

 

日本で一番の、

カラーの生産量を誇る千葉県君津市

かつて存在した「小糸(こいと)町」をもじって

『恋人(こいと)』と名付けたようです。

 

今も(小糸が)あるのか分からないのですが、

合併で土地の名がいろいろ変わっているようですね。

千葉県君津市は、昔は君津群だったそうです。

 

はい。今回は以上となりますが、重要と思われる個所は、

色を変え、太字にし、下線を引いています。

覚えておくと、どうでもいいような雑談の際に

「へ~!!」とか「すごいね」とか「よく知ってるねー」

などと感嘆の声をもらえること間違いなしです。

 

ぜひ、*暗記*していただき、

家庭やお仕事の場でしたたかに活用してみてください。

 

したたか

自立した・賢い・他人に影響されない、などの意

  

【原産】南アフリカ

【花言葉】乙女のしとやかさ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

プライバシーポリシー