once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

Oshima cherry tree(大島桜)

f:id:planet2019:20200324215502j:plain

品種:大島桜(おおしまざくら)

 

この画像は少し前に散歩したときに撮った画像です。 

これ以上の至近距離では撮影できなかったので

遠くてよく分からないとは思うのですが

大島桜は白い花と明るい緑の葉が印象的な桜です。

 

関係ないけど、この桜のことは私はけっこう好きで

まあまあ楽しみにしていた桜です。

白と緑でスッキリしているところが良いです。

 

もっと好きな桜は、他に数種類あって

自分が住んでいる地域では

もうしばらくすると咲いてきます。

このときは、それらはまだ固いつぼみでした。

 

で、ご存じの方がいらっしゃるかもしれませんが

大島桜の葉は

塩漬けにして桜餅の葉で使われているそうです。

 

桜餅の葉はいい香りがしますよね。

しかし桜の木についている生のままの葉には

香りはありません。

桜の葉にはクマリンという成分があって、

それが香りの元となっているそうなのですが

 

生のままの葉の状態だと

クマリンが葉の糖質と結びついていて

その状態では香りはないそうです。

 

葉を塩漬けにすると葉の細胞が死んで

⇒細胞が死ぬとクマリンと葉の糖質が分離されて

⇒糖と離れたクマリンから香りが出てくるとのことです。

 

(クマリンという成分は、みかん・にんじん

グレープフルーツ・桃などにも含まれているそうです)

 

また、大島桜のことを『野生の桜』と言う人もいるのですが、

なにが「野生」なのか自分はよく分かりません。

『山桜』と『野生の桜』の違いについてもイマイチ不明です。

 

 

【原産】大島・伊豆七島・房総半島(千葉県)

 

 

プライバシーポリシー