once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

第4次南極越冬隊 福島紳さん (故人)◆動画◆

【動画1】十勝毎日新聞電子版の映像 

youtu.be

昭和基地で撮ったブリザードの様子。(0:07)

2016/02/18に投稿されたもの。

すごい強い風で周辺がよく見えない状況です。。

 

表題の方は、「その犬の名を誰も知らない」に出てくる、

第1次越冬隊犬係りの『北村さん』という方と 

小学校から大学院までずっと同じ学校だったみたいです。

(「その犬の~」の本ではなく、他の文章で読んだ記憶あり)

本の中で、北村さんは福島さんのことを「親友」と書いています。

 

その部分というか、福島さん(故人)という方のことも

私としてはもう涙なしでは・・みたいな感じなんですけど。

簡単に説明すると。。

①第4次の福島さんという方は、南極の地で遭難で亡くなったと言われていて

②第9次の方たちが南極に行ったときに、ご遺体が発見されたとのことです。

③そのときは気温がわりと高くて雪がとけていたので

④このタイミングで「第3の犬」の亡骸も見つかったと。

 

で、ですね、

⑤福島さんを南極で荼毘にふして(=火葬)、

⑥その遺骨を吉田栄夫さんが、リュックにいれて移動されたそうです。

遺骨はご遺族にお渡しするためにリュックに入れたと

別の文章で読んだことがあるので

南極のケルンと分骨されたのかなと想像します。。

 

亡くなるときの状況は

福島さん(故人)と吉田さんが一緒に外に出たときに

⇒急にブリザードが発生してはぐれてしまって

⇒吉田さんは基地に戻って来て、はぐれたことを他の隊員に伝えて

⇒探しに行ったけども見つけることができなかったと。

 

で、福島さんの南極のお墓のことを「福島ケルン」といっていて

そのことについて60次南極越冬隊の「南極おじさん」という方が

分かりやすくお話されている動画があります。

こうやって何年もずっと大事にされてきているのを知ると

もうほんとに自分としては嗚咽もんでして。。

(タロジロリキの犬のことも嗚咽もんですけどね)

南極おじさんの動画も涙なしでは見れないです。

見ると涙が枯渇しそうになったり、嗚咽の呼吸困難で

体力を奪われてしまうので大変でデス、自分は。( ;∀;)

 

お墓は石を積み上げたものですが、

そういう形態のお墓は韓国の時代劇(=韓ドラ)で見たことがあって

福島さんのお墓の形状のことを「そうなんだ・・・」と思いました。

 

長いのでお時間あればご覧ください~

⇓    ⇓    ⇓    ⇓    ⇓

福島ケルンのこと(10:12) by南極おじさん

youtu.be

 

 

*吉田さんは4次と9次の両方のときに南極に行かれています。

(それ以外でも行かれてますがこの記事では割愛します)

 

 

◆◇◆ 関連記事 ◆◇◆

www.planet2019.com

 

 

 プライバシーポリシー