once again

切り花と世界のこと+日常記録のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

Chamaecyparis obtusa (クジャクヒバ)

f:id:planet2019:20201203130354j:plain
f:id:planet2019:20201203130433j:plain

クジャクヒバの図。
 

クリスマスの王道の花材という感じですが、

生け花とか、お祝いごとのシーンでも使われています。

 

この木は「コニファー」という種類に入るというか。。

コニファー類とは、モミの木みたいな雰囲気のある木で

国内では200種類ぐらいあるといわれています。

片手で持てるぐらいの小さいものだと

寄せ植えでも使われる木です。

 

大きいとエクステリアとしての扱いも多くて、

エクステリアだと主な使い方としては、

庭の目隠し(生垣)で使われる木となります。

 

また、成長しても高さが出ないものは

グランドカバーとしての用途もあります。

 

(このブログの過去記事にあるかなと思ったら

投稿されていなかったのでFacebookに投稿したのかも。。)

 

しかしクジャクヒバを庭の目隠しで使用されているのを

自分はほとんど見かけません。

手入れが難しいのか、流通が少ないのか、値段が高いのか、

成長の具合と庭に植える関係性が合わないのか

詳しい事情はよく分からないのですが、、、

 

オフィス建物の前や、大きな病院の植え込みでも

自分はクジャクヒバはみたことがなく、

コニファー類が使われている場合があったとしても

ヒバ以外の他のコニファー類がほとんどでした。

 

唯一みたのは、

遠方にある祖父母のお墓参りにいったとき。

(コロナになる前です)

 

車で移動中に、とあるお宅のお庭の囲いで

クジャクヒバを植えてあるのを見かけました。

まだ築年数が浅そうな、洋風の新しい感じのお宅で

建物の外観と合っていてとても素敵でした。 

 

  

【属性】ヒノキ科 ヒノキ属

 

 

***投稿は予約送信です

 

 

プライバシーポリシー