once again

切り花と世界のこと+日常記録のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

(偽善者の)正義 ≒ 他人のふんどし@五輪

f:id:planet2019:20210418064845j:plain
f:id:planet2019:20210418064836j:plain

通称:マトカリ の図(キク科)

 

「五輪を中止に」という白熱した(?)議論(?)が、

ニュースをにぎわせていますが、

どの人も他人のふんどしありきなので

どの発言もイマイチ響いてこない。

 

今回の「他人のふんどし」とは

ガースーのふんどしに該当シマス。

 

一般ピーポーの社会でもあるあるだけど

「確実な」「誰かの」「他人のふんどし」が根底にあると、

DQN性が強ければ強い人ほど、

よりいっそう強気でモノを言うよね。

(ちまたのクレーマーもこれと同じ。)

 

なぜなら「他人のふんどし」の「他人」に

全責任を押し付けることができるのが

誰の目にも分かっていて、

DQNとしては自身の正義・偽善をみせつける場としては

この上なくおもしろいから。

 

①『●●は××するべき』とかの

上目線かつ、他人になすりつける物の言い方とか

(この言い方は一般ピーポー社会間では圧倒的に多い)

 

②『今の状態だと〇〇になるのは分かりきっている』

と他人の感情を誘発して

他人をまきこんで有利になろうとする発言とか

(一般ピーポー間では、チキンやヘタレがこの手段をよく使っている)

 

規模は違うけど、一般ピーポーがやる内容と

同じことを

五輪の話題で著名人がやっている。 

 

「中止します。クレームは自分に言ってきてください。」

とは誰も言わない。

  

中止にするにあたって、誰が言い出しっぺになるか?  が

本当の問題なのでは?

 

誰も言い出しっぺにはなりたくないんでしょ?

だから、誰かが言い出しっぺになるのを待っている。

(これ ↑↑↑ も、一般ピーポーあるあるだよね)

 

開催したら自分は関心を持ってテレビを見て

それなりに感動したり、

微力とはいえ、いろんなことを考えるとは思うけど。

開催したら誰もテレビ見ないとかありえないと思うし。

 

 

キク科の他の植物はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

***投稿は予約送信です

  

 

プライバシーポリシー

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ