once again

切り花のこと + 世界のこと + 日常記録 のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

総裁選(河野 VS 岸田)

f:id:planet2019:20210926143523j:plain
f:id:planet2019:20210926143519j:plain
f:id:planet2019:20210926143528j:plain

ユリ オリエンタル系 / ユリ科

総裁選の中継を途中から見ました。

ちょうど今井絵理子が入場してきたときからです。

白のパンツスーツでけっこう目立ってた。

体形を維持していて、やっぱり元芸能人だけあって

華やかさがあってキレイだなと思いました。

 

で、総裁選の率直な感想ですが。。

①マスコミの誘導(あおり?)と派閥の感情で決まる

②はじめからあの二人を競わせたかった

③女性二人は、最初に票を分散させるためのダミー・戦略

と思いました。

 

もはや国民はどうでもよく、

男性議員たちの遊戯というかゲームのように見えました。

女性をダミーに使う点からして、もちろん男尊女卑の遊戯です。

 

(しかも「白い巨塔」の教授選を彷彿とさせるような

臨場感&緊張感があった。(^▽^;) )

 

結局、岸田さんの圧勝でした。

挨拶の話が長かったですね。

自分語りをまじえた どうでもいい感あふれる 長話。

しかも「ありがとうございました」は1回しか言っていない。

他は「感謝申し上げます」だったかな?

(「感謝したいと思います」のどっちか。うろ覚えだけど。)

なんか、中身がなく、高圧的な感じがしました。

 

※このように、表面的に「いい人」を「演じた」としても

結局にじみ出るんだよね、「その人」という部分が。

(世間一般的に、これを「偽善者」といいます。)

 

しかもボイトレのレッスンに数回通ったんだな、

と思うような発声をしていた。

なぜなら話の内容よりも、

発声の抑揚と強弱などに神経が向いていた感じが強かったから。

最後の方は声を張り上げて(というか怒鳴りに近い大声)

自分自身の貴志を高くみせようとして演出していた。

ボイスレッスンの先生に言われたとおりにやっていたのだろう。

 

このような「演出」をすることそのものが

あほらしいの一言。(^▽^;)

選挙に勝つことがゴールではない。

今後の態度・発言・実行力・結果が重要だと思う。

 

で、現時点での総理大臣である、菅ちゃんの挨拶が最高でした。

手短にもかかわらず内容が濃かった。

今までの中でわりと好印象が強めだと思う。

久しぶりにみたガースーの笑顔にしばし癒されました。

 

そして、菅氏の挨拶のあとに鳴り響く盛大な拍手。

拍手、拍手、拍手・・・!大きな音の拍手。

思ったよりも長く続く拍手に

スタンディングオベーションになるんじゃないか?

と思って気持ちが高揚したけど、そうはならなかった。(^▽^;)

岸田さんから花束を受け取ったときに

泣きそうな顔になっていたのも印象的でした。

 

一年は短かったけど、きちんとした辞め方をして

前任のしりぬぐい・後始末を押し付けられたにも関わらず、

やることもけっこうやってきたしすごいなと思う。

 

 

<今回みていて思ったこと>

★名前をいうときに「君(くん)」を付けていた点。

「今井絵理子くん」とか「三原じゅん子くん」というように。

こういう中継をまじまじ見たのは初めてでしたが

そういう言い方をするんだ?と思った。

 

★花束のラッピングが。。

うしろがゆるゆるで、前が花が全開な感じだった。

葉っぱがすれたときの緑の汁や、花の花粉で

スーツが汚れそうだと思った。

 

 

※私のブログは、パクリ・引用・リンク貼り付け・複製禁止です。

※初めての方はプライバシーポリシーを読んでください。

 

 

 

◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇

www.planet2019.com

 

前回投稿したユリはこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

***投稿は予約送信です

  

 

プライバシーポリシー

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ