once again

花と他国のこと+日記を投稿するブログ。

West Side Story@映画

< この投稿を読み進める前に・注意点 >

この投稿では若干のネタバレを含みます。

ネタバレなんて冗談じゃない!

ネタバレなんか書くんじゃねーよ!と、思う方は

すぐさま右上の「×」で画面を閉じてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:planet2019:20220213134017p:plain

図:公式サイトより引用

 

昔懐かしの往年の名作。

私としては少年隊を思い出します。

 

冒頭の映像からすごかった。

(スタジオのセットなのか、

どこかの実際の場所なのか不明)

 

<映画情報>

①1957年にブロードウェイで上演されたミュージカル

の映画版。webでみた情報ですが、役者さんは

実際に歌って踊れる人を採用しているみたいです。

(吹き替えなし)

 

②邦題は「ウエストサイド物語」。

 

③セピア色のフィルターがかかったような映像と

耳なじみのある不朽の名曲の数々!

50~60年代の洋画を彷彿とさせるテイスト満載。

 

④コンボで演奏している場面などもでてきて

視覚・聴覚ともに音楽オタクも魅了する。

 

⑤ぱっとみ、ケメン&イケ子の

素敵なラブストーリーという感じですが、

移民・差別・低所得・貧困などの社会問題ストーリー。

お話しの中の現実を直視するとおそろしいです。

しかも、ヤンキーはまだいいとしても

若い犯罪者もでてきますからね。

 

 

<sayoさんの個人的な感想>

①エンディング近くのマリアのふるまいで

ヤンキーどもがシーンとなって、

ヤンキーらのあとから

マリアが歩いていく場面が

「ザ・アメリカン!」な感じですごく良かった!!

「Snow White(2012年)」(←原作は白雪姫)

にでてくる主人公を思いだしました。

 

 

②そして、キモヲタのチノ。

マリアの兄から、妹(マリア)の結婚相手と

言われていたのか知らんけど

キモすぎる。キモすぎる上に不気味だし

意思の疎通が成り立たない。キモヲタの神髄。

ムカムカ~。(-_-;)

 

 

③注目した点はパッションに満ちた

アニータの力強いキレキレのダンス!

ドラッグストアで激ギレして

嘘をつく場面も最高でした!!!

 

 

それにしても昔のヤンキーって怖すぎる。

命はひとつしかない。

命を大切に!

 

 

 

【監督】スティーブン・スピルバーグ

 

 

この映画の公式サイトこちら ↓ ↓ ↓

www.20thcenturystudios.jp

 

映画にでてきた曲のタイトル&サントラの情報はこちら ↓ ↓ ↓

www.universal-music.co.jp

 

 

※私のブログは、パクリ・引用・リンク貼り付け・複製禁止です。

【3】はこのブログでは禁止行為です。【3】をやり続けているあなたは課金してください。

 

 

 

前回観た映画はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

★投稿は予約送信です  

 

★初めての方は プライバシーポリシー を読んでください

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ