once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

Incense(お香)

f:id:planet2019:20200908212922j:plain

散歩中にみた葉の図

 

以下、長文です。

⇓   ⇓   ⇓

   

平均週1で日帰り温泉通いをしていた頃に

温泉施設で買ったことあるお香が

LOFTで売っていたので先日買ってきました。

 

火をつけて香りをかいだ瞬間、

複数の温泉に通っていたときの、こまごましたことが

パーッと思いだされマシタ。。

 

約週1で通っていた日帰り温泉は

最初はネットで検索して

とりあえず10か所ぐらい行ってみて

その中で気に行った場所が7か所で、

回数券を買って通ったり、スタンプをためたりしていました。

  

7か所それぞれの温泉に行くうちに

以下の人たちの中には、

お互いに顔は知っているという人もでてきてました。

(しかし、人間関係というほどの関係ではないです)

 

①温泉のそれぞれの担当スタッフ

②温泉のお食事処のスタッフ

③露天風呂で雑談をしていた常連のおば(あ)さんたち

④温泉の最寄り駅の駅員さん

⑤温泉の最寄り駅からのバス乗り場の案内のおじさん

⑥現地の美容院

⑦現地の飲食店やショッピングセンターのお店の人

  

美容院は、元々行っていた美容院に

次第に行く時間が取れなくなっていったので

そのうち温泉施設の周辺の美容院を

ネットのHot Pepperで探して行くようになりました。

 

こうやって書きだしてみると、7か所に通っていたので、

出会った人はそれなりの人数になるのが分かります。

一人で行ったとしても、

顔を知っている誰かしらが話しかけてくるので

丸一日、返事以外誰ともしゃべらないというのはなかったし。

行く先々によって人の様子とか

土地の空気感みたいなのが違うのも面白かった。

 

もちろん、出会った人の

ひとりひとりと連絡を取り合っていることはないけど

(だから人間関係というほどではないのです)

現地の美容院からお知らせのメールがくると

みんなどうしてるのかな~と思い出したりしてました。

 

でも、でも!!お香を焚いてその香りをかいだとたんに

ものすごく細かいことまで全部思いだして。。 

施設の内装とか、親切にしてもらったときの会話とか

いろんな何もかもが、もう鮮明によみがえってきて。。

香りってすごく不思議ですね。

いろいろ思い出してすごく苦しい気持ちになってしまいました。

 

といっても、切ない、寂しい、胸が張り裂けそう、泣く、

などというのとはちょっと違うかな。

窓がなくて、音がなくて、天井が低くて、ものすごく狭い部屋に

一人で長時間いる感じみたいな苦しさというか。。

 

7か所のあの人たちとまた会える日は来るのかな~~?

このような状況(コロナ)になってしまって

あの生活が再び戻るのか想像つかない。(>_<)

 

関係ないことですけど、

現代のように交通が発達していなかった頃は

人々はこんな感じの閉塞感の中で生活していたのかな?

 

  

◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇

www.planet2019.com

 

 

***深夜の投稿は予約送信です

 

 

プライバシーポリシー