once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越ししてきました。

色彩とお花

ルピナスみたいなやつ

図:クズの花 (マメ科 / クズ属) 少し前から見かけるようになりました。 ルピナスみたいな花ですが ツル性で、他の木に絡みつきながら 増えているような感じがします。 これは『クズ』という植物の花。 『クズ』は秋の七草のひとつです。 【原産】朝鮮半…

秋の婚礼シーズン

※本日は、やや長文です 図:オリエンタル的な花付きのスカシユリ (ユリ科) 秋は婚礼シーズンですね。 コロナになってから現在にかけての様子は 私は分かりませんが、 何年か前のコロナ前に 自分が婚礼の花の会社で働いていたときは、 秋の婚礼の、最初のピ…

パーロット(parrot)@バラ

図:赤バラ (バラ科) 『パーロット(parrot)』とは? ⇒ 英語でオウム(鳥)という意味。 <豆知識> ◎ジャングルにいる色鮮やかなオウムのようなイメージ。 ◎チューリップにはパーロット系の品種があります。 で、上記画像についてですが。。 画像では分…

下を向いて歩こう!

図:藪蘭(やぶらん)の花とつぼみ 斑(ふ)入りのヤブランの図。 なんとなく 下を見るともなしに見ながら歩いていたら、 この花が視界に入りました。 左の画像は、 花の部分がピンボケ気味になりましたが、 かわいらしい小花でした。 <ヤブランの花の構造…

モカラ

図:モカラ (ラン科) 図の花はモカラといいます。 花持ちがよいので、 アレンジ教室では生徒さんに大人気。 モカラも、 ↓↓↓ こちら ↓↓↓ と同じく、 www.planet2019.com 「秋」の雰囲気や空気を 感じ取ることができるお花。 といっても、 この花は人口の交…

久々にオンシ

図:オンシジューム(ラン科) 久々にオンシの画像。 いちょう並木を連想しちゃったりなんかして 秋の雰囲気を感じますね。 といっても、 この花は今の季節のお花というわけではなく、 ほぼ一年中、出回りがあります。 広く知られているのかは分からないけど…

あざやかなピンク

図:サルスベリ (ミソハギ科) 鮮やかで美しい。 花の周辺に生えている数種類の緑色と、 鮮やかなピンクのコントラスト(対比)が ベリーマッチングな感じ。 実物では分からなかったけど、 ピンクの花の色は 画像で見ると微妙に濃淡になっているのですね。 …

紫詰草(むらさきつめくさ)

図:ムラサキツメクサ (マメ科 / ジャジクソウ属) この写真を撮ったのは、 2月か3月か、もしかしたら4月か・・・? 肌寒さを感じる時期だったと思います。(記憶薄) 暑くなる前に撮ったことは確か。 で、この花は、 夏の間もずっと咲いていました。 …

百日紅(さるすべり)

図:サルスベリ (ミゾハギ科 / サルスベリ属) この花は、いろんな色がありますね。 私がみたことがある色は。。 ・赤系 ・淡ピンク ~ 濃ピンク ・淡紫 ~ 濃紫 ・白 ピンク系と、紫系は、 並べたらグラデーションになりそうなぐらい バリエーションがあ…

夏の終わりのピンク②

図:ガーベラ (キク科) ①くすみがかった感じの淡いピンク ②花びらの先端に白のボカシが入っていることで ③なんとなく、あたたみを感じる といっても、 「春らしいか?」という目線で見てみると そういう感じもせず。。 どことなく 寂しい感じのピンクにも…

アジアン系の熱帯

図:クルクマ (ショウガ科) 図はアジアン系の熱帯植物です。 外出先で見かけました。 この花は、 切り花の販売もありますし 苗も出ています。 で、「どちらかというと」 でいうとしたら ごく普通の一般ピーポーからしてみたら、 浸透性が低い花に該当する…

夏の終わりのピンク①

図:ガーベラ (キク科) これは、 レッスンで使ったガーベラです。 経験的な印象として、になりますが。。 こういう色合いのガーベラは 今ぐらいの時期から ⇒ 初秋にかけて よく出回るような気がシマス。 シンクロとか最高ですね。 <シンクロとは?> 芯が…

ゆるふわ

図:ドピンク系のバラ (バラ科) 優雅な趣きをたたえたバラ。 花びら一枚一枚にニュアンスがあって とても芸術的。 <ニュアンスとは?> 微妙な変化の現われのこと。 パッとみの色はドギツめ。 ビビッドなピンクというわけでもなく 赤でもなく、ダークピン…

夏感

図:アンスリウム (サトイモ科) 夏といえば?な感じの植物。 赤系は特にそう。 アンスリウムのイメージとしては。。 ・トロピカル ・ハワイアン ・南国 ・常夏 ・リゾート などでしょうか。 かなり夏感高めのイメージワードです。 ちなみに、 トロピカル(…

Before ★ After

図:ハナアナナス 私にしてみたら、世にも不思議な植物。 初めてみた植物で。。 多肉なのかな?と思いました。。 Googleレンズで検索したら 『ハナアナナス』 という植物に該当するようでした。 触らなかったけど、 触った感触はどうなんだろう~~~。 で、…

丸みのあるフォルム

図:白バラ (バラ科) 花びらが多くて、ずっしりしたバラ。 大きくもなく、小さくもなく、 手ごろなサイズ感のバラでした。 外側の花びらに 緑色が混ざっているところが いいなと思います。 この状態だけでも かなりの華やかさがありますが、 花びらが開い…

白バラ@縦長

図:白バラ (バラ科) ある日のレッスンで使った花材。 さて、問題です。 この花のおかしいところはどこでしょう? バラ大好きッコな方なら すぐ分かるかもしれません!! では。 レッツ! シンキン~~~グ!! 【答え】 おかしいところは。。 ガクが下が…

ランタナ

図:ランタナ (クマツヅラ科 / ランタナ属・シチヘンゲ属) 手毬(てまり)みたいな感じのかわいらしい花。 春ごろから見かけるようになったかな。 しかしまだ咲いています。花期が長いです。 この花は途中で色が変わるそうです。 最初はクリームイエロー…

デルフィー@変わり種?

図:スプレーのデルフィニューム (キンポウゲ科) これは、先日のレッスンで使用した花材。 スプレー咲きのデルフィニュームです。 今までみてきたデルフィーは 枝が少なくスッキリしていましたが、 図のデルフィーは 花枝がギューギューで、密密で、とても…

久々にトルコ

図:トルコキキョウ (リンドウ科) 図は、 フラワーレッスンで使用したもの。 淡い紫で明るめの色味でした。 冬育ち?だったのか、茎が細くて柔らかかった。 最近のブログの画像は 散歩のときの植物画像が増えたので、 トルコの画像は久しぶりです。 それに…

ヤマユリ(球根植物)

図:ヤマユリ (ユリ科) 茂みの中に咲く1本のヤマユリの図。 疑問に思う内容は、 毎度毎度、同じことなのですが。。 ユリは球根で育つ植物です。 こういう場所に、どうやってこのユリは たどり着いたのかな?? 誰かが球根を投げ捨てたとか? こういうユリ…

dusty miller(ダスティーミラー)の花

図:ダスティーミラー (キク科 / キオン属) 花をメインに撮ろうとしたら なんとなく よく分からん画像となってしまいましたが! シルバーグリーンの葉が シャレオツな(≒ オシャレな、の意) ダスティーミラー! 晩秋~クリスマスのアレンジで 大活躍のダ…

アルケミラ

アルケミラ イメージ図 (バラ科) 小花が密になっている花です。 細部まで分かるように撮るのは いまいち難しいので 雰囲気が分かる程度のイメージ図をUPシマス。 すごく面白いと思う点は。。 葉の付き方が 『ブプレリューム(セリ科)』という花と 同じ…

アスチルベ

図:アスチルベ (ユキノシタ科) 先日の投稿で、この花の花期が長いと書きましたが。。↓↓↓ www.planet2019.com 花期が長いといえば。。。 アスチルベも花期が長めです。 早いときは、 2月か3月ぐらいから出回りがあり、 秋まで流通がありますネ。 アスチ…

オルレア

図:オルレア (セリ科 / オルレア属) 散歩中にみた花。 これを見たのは2月か3月か4月か 忘れてしまったけど GW前だったのはたしか。 春先の花なのかなと思っていました。 だがしかし、先日も見かけました。 今は6月なので 花期がずいぶん長いですね。…

ヤブガラシ@sayoさんぽ

図:ヤブガラシ (ブドウ科) ヤブガラシの花を見かけるようになりました。 この植物のカテゴリーとしては、 もはや「雑草」といっても過言ではあるまい。 なぜなら ①あちこちで見かける ②抜いても抜いても、しぶとく翌年も成長してくる ③結論としては ⇒ 生…

菜の花みたいなやつ

図:散歩中にみた黄色の花 菜の花に似てるけど、少し違うかな? と思いながらパシャリラした花。 分かりずらい画像ですが、 葉っぱの大きさがわりかし均等で 上から下までの『太さ』が同じぐらい というのが特徴だと思いました。 Googleレンズで検索したとこ…

荒野のアマリリス@白

図:アマリリス (ヒガンバナ科) 生い茂る雑草というか、草むらというか そういう中に 白のアマリリスが咲いていました。 (たぶん、アマリリスだと思う) アマリリスは球根で育つ植物です。 球根なのに、どうやって移動するのでしょうか?? どうやってこ…

最近よく見かける花@1選

図:鼠餅(ねずみもち) モクセイ科 ボタノキ属 図は、最近よく見かける花。 グーグルレンズで検索してみたら 「ネズミモチ」という植物らしい。 この画像の周辺は、ほとんどがつぼみでしたが 違う場所では咲いている花もありました。 花が咲くと、花びらが…

芍薬のつぼみ

図:芍薬(シャクヤク) ボタン科 芍薬のつぼみ、3色です。 ざっくりな感じでいうと 花のルーテインは、 『この時期になると、この花』 という繰り返しなので、 当ブログを継続的に見ている方が こういう画像を見て 果たして面白いと思うかどうか? と思っ…