once again

切り花と世界のこと+日常記録のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

葉・枝・実

葉蘭(はらん)

ハランの図(スズラン科) 光沢があって美しい葉です。 この葉のことは、自分はスズラン科で覚えているのですが、 この葉の分類をキジカクシ科で分類する人もいます。 なので、属性に関しての明確さは自分としてはイマイチ不明。 真実(?)を、知りたい方は…

天門草(てんもんそう)@アスパラ類

テンモンソウの図。 テンモン草はアスパラガスの仲間です。 主な産地は静岡県とのことです。 アスパラガスは、 ①野菜のアスパラガスと ②観葉植物のアスパラガスがあります。 テンモン草は、②のアスパラの仲間です。 葉のように見えている部分は、 葉ではなく…

ウンリュウヤナギ

新芽がついた状態のウンリュウヤナギの図 枝にはツヤがあります。 ツヤがなくなって、なんとなくシワシワになってきたら 寿命が尽きたという目安になるかな。 生け花で使うイメージが強いかと思いますが、 アレンジメントでも使うし、 シャレオツなモデルル…

タバリアファン

タバリアファン イメージ図 タバリアはシダ植物です。 シダ植物は種がなく、胞子で増えます。 タバリアは輸入が多く入荷が不定期らしいです。 なので、使用できる頻度も不定期となります。 輸入先は、主にマレーシアだそうです。 涼し気な印象で美しい葉です…

西洋木蔦(せいようきづた)@アイビー

アイビー(品種不明) 画像は某日のレッスンで使用したアイビーです。 アレンジメント作成時で使って ⇒飾って鑑賞して 花がおわりかけてきたらアレンジメントを解体して ⇒解体後、アイビーを小さな花器に入れて ⇒家のあちこちに置いて鑑賞するのもいいと思い…

和名:野うさぎのしっぽ(バニーテールグラス)

ラグラスのイメージ図。 ふわふわの花穂で、猫じゃらしの仲間です。 さわった感じはスベスベ&サラサラでやわらかく、 小動物のような手触りでかわいい。 そして色がすごくキレイ。 ハーバリウムの花材で使われることが多いかな。 「ラグラス」という言い方…

レンギョウ(Golden bells)

レンギョウのイメージ図。 レンギョウは、中華圏の「春節(正月)」では 定番のお祝いの花になるそうです。 新しい年の富と繁栄を願う気持ちや、 春の訪れなどのイメージを持つ花になるみたい。 日本では、初春とか早春のときの 定番の花といえば、 大菊・小…

桔梗蘭(ききょうらん)(Dianella ensifolia)

キキョウラン イメージ図 斑入り(ふいり)で美しい葉です。 キキョウの仲間でもなく、蘭でもないそうですが キキョウランという名前とのことです。 私は切り花の状態しか見たことがないので、 (植えてる状態を見たことがない) 花が咲いて ⇒ 秋に実がつく …

薇(ぜんまい)

ゼンマイ イメージ図 アレンジメントで使う花材で、シダ植物です。 これは、どれぐらい持つのかよく分からなくて。。。 葉の部分が茶色くなっても 幹にはツヤがあるので、 生きてるのかな?と思ったりします。 で、しばらくすると 渦巻きの輪がずれてきます…

青文字(あおもじ)@その後

アオモジの花。イメージ図。 そろそろ捨てようかなと思って 見てみたら、花が咲いていました。 まさか咲くと思わなかった。 というか、緑の粒が つぼみだとは思わなかった!! 青文字のことを検索してみたら、 緑の粒はつぼみで、 やがて花が咲くとのことで…

はっさく(だったかな?)

いただきもの。(上から見た図と、裏から見た図) 自栽培だそうです~。 これは「はっさく」だったかな? 受け取るときに、何の実なのか言われたけど 忘れてシマッタ。 ◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇ www.planet2019.com ***投稿は予約送信です プライバシーポリシー

ミスカンサス(Miscanthus)

ミスカンサスの図。(別名:リリオペ) 斑入り(ふいり)の細い葉です。 (斑(ふ):地の色と違う色の部分のこと) だいたい一年中あるような気がします。 国内だとどこで育てているのか私は分からないけど 輸入されているものだと、 主にスリランカからの…

スカビの葉

スカビオサの葉。イメージ図。 この葉の形が、何かの花の葉と似ていると思ったけど 何の花の葉と似てるのか思い出せず。。 あとあと思い出したときに参考にできるように 記録としてUPしておくことにしました。 とりあえず、ラナンキュラスの葉と 印象的に…

青文字(あおもじ)@枝+実

アオモジのイメージ図。 実のサイズはヤツデのつぼみと同じぐらいです。 野山をイメージする花材で、生け花とか茶花向き。 アレンジメントではほとんど使わないかな。 この木は、和菓子に添えてある 『爪楊枝』に加工されているそうです。 <プチメモ> ●枝…

レモン(Citrus limon)

レモン2個の図。 レモンをいただきました。 自栽培だそうです。 さてさて。 どうしようかな~。 【原産】インド北部 【属性】ミカン科 ミカン属 【花言葉】情熱 ◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇ www.planet2019.com www.planet2019.com ***投稿は予約送信です プライバ…

イタリアンルスカス(細葉ルスカス)

イタリアンルスカスのイメージ図。 毎度のことながら、左右は同じ画像を使っています。 ロゴの色を変えると印象が少し変わります。 色の対比効果で、赤いロゴの方が被写体が大きく見えます。 切り花のルスカスには、 たまにトマトみたいな色の実が付いている…

フェイジョア(Feijoa)

フェイジョアのイメージ図。 うちでは自宅に飾る花は花屋さんに配達してもらっているのですが、 先日配達してもらった花の中に、図の木が入っていました。 これは、はてなブログの読者さんの投稿でどきとき見ていた 「フェイジョア」という木です。 花が咲き…

タマシダ(sword fern)@3大プチメモ

タマシダのイメージ図。 <sayoさんのタマシダ☆プチメモ> ①昔々、自分がアレンジメントを習っていたときは、 葉っぱはタマシダばっかりだった。花はカーネーションが必ずあった。 今と違って種類も色彩もバラエティに富んでいない花材でした。 ②神社の水場…

珊瑚水木(サンゴミズキ)

サンゴミズキの図。サンゴミズキの赤い色は、 始めから赤ではなくて、元は緑というか黄緑というか、、 始めから赤ではないそうです。 普通に葉が付いていて、しかも花が咲くみたい。 私はこの画像の状態しか知らないので、 緑の枝も葉も想像つかないし、 ま…

ルスカスの花

ルスカスの花の図。咲いてからしばらく経過した状態。 毎日みていたわけではなかったので 咲いていたことに気が付きませんでした。 春に咲いたときの花の色は、たしかブルーに近い紫でしたが、 今回はその状態を見ることができず 気が付いたときにはすでに黒…

The leaves are changing(紅葉)

紅葉したもみじの図。 これは3週間ぐらい前の紅葉の図。 今はほとんどの葉が落ちて枝が丸見えです。 <色素プチメモ> 緑の葉 : クロロフィル 赤い葉 : アントシアニン 黄色い葉 : カロテノイド 茶褐色の葉 : タンニン どの色素も聞いたことがある単語…

Button Bush(バーゼリア)

バーゼリアの図。 木の実のように見えますが、 小さい花が集合して球体になっています。 挿し木で増やすことができるみたいなので 興味がある方は、やってみると面白いかも。 【原産】南アフリカ 【属性】ブルニア科 バーゼリア属 ◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇ www.plan…

Chamaecyparis obtusa (クジャクヒバ)

クジャクヒバの図。 クリスマスの王道の花材という感じですが、 生け花とか、お祝いごとのシーンでも使われています。 この木は「コニファー」という種類に入るというか。。 コニファー類とは、モミの木みたいな雰囲気のある木で 国内では200種類ぐらいあ…

Tripterygium regelii(赤蔓 あかづる)

アカヅルの図。 クリスマス関連のアレンジメントでよく使われる花材です。 生け花で使われることも多いです。 乾燥している(ドライフラワーの状態)ので、水やりは不要です。 で、ホントかどうか分からないのですが、聞いた話によると、 「赤ヅル」と「黒ヅ…

Kochia sedifolia(コチア)

コチア:イメージ図。 クリスマス向けの花材で、とてもかわいらしいです。 切り花だと輸入が多いみたいです。 主にオーストラリアとイスラエルから輸入されているそうです。 オーストラリアは場所もイメージもすぐ思いつきますが、 イスラエルとなると、私が…

be in bud(ルスカスのつぼみ)

花と一緒に花瓶に入れているルスカスの図。(葉にツボミがついています) しばらく前から、この状態が続いています。 表に蕾が付いている葉と 裏側に蕾が付いている葉があります。 表と裏の両方に蕾が付いている葉はありません。 それにしても、どの蕾にもみ…

Gossypium(コットンフラワー)

コットンフラワーの図 モコモコしていてかわいらしい 全体はこんな感じ どんなふうに成長していって、このような状態になるのか 想像つきません。。 【花言葉】崇高・偉大 ↓↓↓ コットンの仲間 ↓↓↓ ◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇ www.planet2019.com ***投稿は予約送信…

Dracaena(ドラセナ 緑)

ドラセナ(緑)の図。 暖かい時期だと、 切り花のものを花瓶に入れておくと 根がでてきたりします。 (今だと、これから寒くなっていくので 根が伸びにくいかも) 風水では「幸運を呼び込む植物」になるようです。 私は試したことはありませんが、 リビング…

Smilax china(山帰来 さんきらい)

切り分けしたサンキライの図。 < 山帰来(さんきらい)の名前の由来 > 病気になって人里離れた山奥で療養していた人が この実を食べたら病気が快復して 元気になったので山から自宅に帰ってきた といういきさつがあって、 このことから、山帰来といわれる…

Brunia stokoei(シルバーブルニア)

シルバーブルニアのイメージ図。 シルバーブルニアは アレンジメントにおけるクリスマスアイテムのひとつ。 私はこの植物の好きなところがあります。 それは、ほとんどの人が言わない(聞いたことがない)ことなのですが、 私はこの植物の枝の部分の、網のよ…