once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

ジャズという音楽

ここ数日、
手持ちのシャズのCDをききまくり
しております。


モコちゃん(犬)が生きていた頃は
きいていなかった音楽。
モコちゃんが亡くなってからも
しばらくきいていなくて、


亡くなって数年たってから
街の洋服やさんで
ドリカムのBGMをきいた時に
自分の中のスイッチがONになり、
再びきくようになりました。


いや~~、それにしても
ジャズという音楽はですね、素敵ですね。


切ないバラードじゃなかったとしても
切ない狂おしいもっとあなたを知りたい
あなたの素顔を見せてほしい
(もはや角松敏生氏的な刹那・(笑)


と、いった気持ちになるのは
なぜなんでしょうか?


まあ、だから誰に対してそう思うの?
と問われると
とくに誰ってわけでもないです。
音楽がジャズが、魂(たましい)が、


そう思わせるわけ。


ジャズというヤツは
アタイにとって、罪なアイツなのさ。


(-。-)y-゜゜゜ (笑)