once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

パステルレインボー@カーネーション

 台風被害の支援情報 @ 千葉・神奈川 - once again

f:id:planet2019:20191020035937j:plain

レインボーカーネーションです。

 

これは『吸い上げ』とか『染め上げ』といって

人工的に着色したお花です。

(遺伝子がこのようなお花ではありません)

 

吸い上げ・染め上げとは?

お花に色水を吸わせる行為、もしくは

色水を吸わせたお花、などの意。

 

なので、花瓶に入れて飾っていると、

花瓶の水に色がにじみ出てきます。。

 

レインボーフラワーは

作ろうと思えば『だれでも簡単にできる!』的な

動画がよくあります。⇓   ⇓   ⇓

www.youtube.com

↑の動画は2分ぐらいの映像で、説明が英語ですが

動画を見れば何をしたらいいのかは分かると思います。

 

①白い花を用意して(動画ではバラで試しています)

②茎の先をカッターで3つに裂いて

③それぞれ違う色水につけて

④色水を吸わせて⇒⑤完成、みたいな。

 

まあやり方を述べていても

やった結果、どうなったのかまでは映っていません。

見てる側からしたら結果も知りたいですよね?

 

過去にこの手の他の動画をいくつか見たことがありますが

きれいなレインボーになりました!!

という結果まで続いている動画はみたことないです。。

  

私は単色(1色)だけの吸い上げは

昔、興味があってやったことがありましたが、

花びらの筋に色が広がっていくところまでは

面白いのですが、そこまで2~3日かかり、

(この速度は花の鮮度にもよる。鮮度がいいと早い。)

そのあとは花が衰退していき、

花びら全体が均一に着色するところまではできませんでした。

 

そのときは、白のトルコキキョウでやったり、

白の菊(仏壇とかお墓にお供えする大きいやつ)で試していましたが

両方の花でやっても同じで

 

何回かやっていたら

吸い上げの液体ボトルが(小さいのですが)

半分ぐらい一気になくなって

なんか液がもったいないし

犠牲になったお花がかわいそうだったなと思いました。

 

なので。

 

道理(理屈)は頭で理解できても、

もしかしたら

レインボーは完成させるのはほんとは難しくて

個人でやって簡単にできるものではない、

ものなのかもしれないです。

 

補足ですが、色の液体は『切り花着色剤 ファンタジー』

というのを使いました。

自分がやったのは7-8年かそれぐらい前なので

(記憶曖昧です、すみません)

今もその液体が売っているかは不明です。

専用の液がないときは食紅でやってもいいみたいです。

 

以上です。

長くなってしまいましたが

最後までお読みいただきありがとうございました~。