once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

JOKER@映画

f:id:planet2019:20191022042822j:plain

先日観た映画です。

予備知識なしでみたのですが、

想像とぜんぜんちがった。

 

貧乏でもつつましやかに生きる母と息子の

ほのぼのした日常で

悪戦苦闘しながらも努力を続ける息子が

思わぬ出来事で成功をつかむ、という

 

貧乏・母子家庭・スラム

大衆の共感を得る、

などのアメリカあるあるな

サクセスストーリーなのかと思ってた。

 

そしたら、ぜんぜん違った。

 

主人公は幼児体験の過程で病んでしまった男。

今までその記憶に

無理やりふたをして生きてきたのかな。

忘れてたくても忘れられない事実に

ある日、直面し、豹変する、と。

 

現代の風刺を含み、

日本人でも、あそこまでいかなくとも

現実に起こってもおかしくないことだともいえる。

 

ラストの場面と音楽が

これまた『心の闇(=心の病み)』を

強調しているような感じなんだけど

 

今までの『お話し』は全部ジョークでした

と言ってる感じもある。

ユーロ圏の映画によくありがちな、

なんかぼんやりした終わり方。

 

で、最後の最後に

①『翔んで埼玉』を思い出してしまったのと、

②日本でも近い将来、

あんな感じの貧困が現実になりそうな気がしてこわかった。

 

あと、③ロバード・デ・ニーロが出てきたとき

なんかほっとした。

二人がいることで(主人公の男とロバート)

陰と陽の対比が生まれてすごくよかった。