once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

It's All Right With Me@Kenichi Tsunoda Big Band(動画)

[http://:title]

 

≪ Kenichi Tsunoda Big Band ≫

*Trumpet & Flugel

 Koichi Suzuki/鈴木孝一 

 Mitsukuni Kohata/木幡光邦

 Shiro Sasaki/佐々木史朗

 Shuichiro Ise/伊勢秀一郎

 

*Trombone

 Hideo Iguchi/井口秀夫

 Kenichi Tsunoda/角田健一

 Hideaki Nakaji/中路英明

 Junichiro Murakami/村上準一郎

 

*Alto Sax & Flute

 Keiji Hori/堀恵二
 

*Alto,Soprano Sax & Flute

 Seiji Tada/多田誠司
 

*Tenor Sax & Clarinet

 Yuji Kawaura/川村裕司

 Humio Hayashi/林文夫
 

*Baritone Sax & Bass Clarinet

 Kiyoshi Ohno/大野清
 

*Piano

 Masahiro Kanayama/金山正浩
 

*Guitar

 Hidetoshi Kawano/川野秀俊
 

*Bass

 Kosho Akimoto/秋元公彰
 

*Drums 

 Yoshinobu Inagaki/稲垣貴庸
 

*Percussion

 Keita Shiraishi/白石啓太

 

 

≪ guests ≫
*Trumpet

 Futoshi Kobayashi/小林太

 

*Trombone

 Yuzo Kataoka/片岡雄三 

 Sumio Okada/岡田澄雄

 Kazuto Kitahara/喜多原和人
 

*Guitar

 Masatsugu Matsumoto/松本正嗣
 

*Bass

 Keiichi Ishibashi/石橋敬一 

 Koichi Osamu/納浩一
 

*Drums 

 Tsuguo Ano/阿野次男 

 Kazuhiro Ebisawa/海老沢一博
 

*Percussion

 Gen Daté/伊達弦

 

この曲はフランクシナトラが出ていたミュージカル映画の中でもでてきます。

(映画の中でジャズ風のスローテンポでシナトラが歌っているシーンがあります)

さて今回、『銀河鉄道999』に乗って年の瀬に出発した

sayoとともに巡る音楽の旅はいかがでしたか?

 

そろそろ旅の終わりが近づきました。

またこのような機会がありましたらどこかでお会いしましょう~!!

(誰だよお前って感じですが。笑)

 

上記の太字はライブを見に行ったことがある方々。

むかし、ジャズライフという雑誌があって、(今もあるのかは分からない)

巻末に都内のライブハウスのスケジュールが載っていました。

気になる人(ミュージシャン)を蛍光ペンで線を引いて、

せっせとライブ通いをしていた自分。

ジャズのライブハウスだと演奏者とすごい距離が近くて面白かったです。

まあ、なつかしいです。

 

そして。

(以下は書くのはどうしようかと迷いましたが

今のブログは自分の備忘録 ≒ 終活の一部でもあるし

思い出を話すことは供養にもなると言われるので書きます。)

 

この動画のYouTubeの記載で、

パーカッションの白石啓太さんの「啓」の漢字が

誤って「敬」と書かれていました。自分が通っていた学校の先生だったので

コピペしていたときに漢字の違いに気が付きました。

 

白石先生の授業は音楽向けのコンピューターの打ち込みで

今でいうマニュピレートみたいな内容でした。

入力がすごく早くて、声がよくて、なんか他と違ってて

もったいぶった含みがなかったです。

 

私は自分からはあまり話をしなかったけど

自分と一緒に行動してたコが白石先生に興味を持っていて

授業の終わりに先生に話しかけてる場がまぁあって、

先生が出る公演のチラシとかをたまにもらったりしていて、

私もそこにいたから、私にも渡してくれていたというのがありました。

そういうこともあって親しくしてたとかはなかったけど印象に残っていて、

 

あと、もう何年も前のことだけど、

自宅で大掃除していたときに白石先生の名刺がでてきたことがあって

こういうものも(あのコは)もらっていたのか!!(笑)

ということもありまして。。でもその時点からその住所に

年賀状を出し始めるにしてもなんか不自然だし

(卒業してから何年か経過していたので)

住所はもう変わってるかもしれないし、などと

その名刺を見てどうするか少し考えてしまったりとかもあったり。

(考えないでそこはスルーがフツーなんだろうけど。。)

 

先生が学校の講師をやめられたあとは、リトミックとかリズム系の

ワークショップなどをされていた事を人づてに聞いたりもしていて、

その頃、そういうのが流行っていたものあって

面白そうだったので参加したいと思ったり(結局参加しなかったけど)

なんだかんだ『時々存在を思い出す』という場が発生していたので

今に至っても記憶から消えることはなかったというのはあります。

 

それにしても接点もなくすごい好きとかもなかったのに、

このような流れが続いてきていたのはなんか不思議だなと思います。

日々生活してるととっくに忘れて詳しく言われても

誰なのか思いだせない相手ってふつうに居るわけですし。。

そのような時間の流れとともに、先生と直接お会いして直接お話したいなと

時々思うようになっていきましたが、こちらのこと覚えてるか分からないし、

担任ってわけでもなかったし、まあ生徒から見た先生なんてそんな感じのもの

だろうなと思ったりもしてました。。

 

白石先生は2018年3月に59歳で死去されたとしばらくしてから伺いました。

2020年で三回忌になるのかな。

あらためてお悔み申し上げるとともに、心からご冥福をお祈りします。

 

 

It's All Right With Meは、数日前に投稿した笠井紀美子さんが歌っている曲と同じです。

数日前に投稿した紀美子さんのIt's All Right With Meはコチラ

⇓    ⇓    ⇓

www.planet2019.com