once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

『瑠璃色の地球2020』@松田聖子 ~自分メモ~

youtu.be

2020-07-15配信(4:29)

 

「La La!! 明日に向かって」と 

(ニュース番組「ワールドビジネスサテライト」のエンディング)

「SWEET MEMORIES」の甘い記憶も感動したけど、

瑠璃色はそれを超える感動でした!!

 

 

ドラムレス +Vo のアコースティックな1コーラス。

どんな楽器編成の展開になるんだろうと

緊張して息を止め気味に集中してきいてると、

ホルンで盛り上がる部分をコーラスで繋いでる。

このコーラスに「初期の松田聖子」感がすごいある。

(なんか「水色の朝」みたいな感じ)

 

 

2コーラスめに入るときのベースがさりげなくあたたかくて

この瞬間にこらえていた涙腺大決壊!!!

(なぜにこらえる?という感じですが、息を止め気味にしていたから。笑

ここの部分と、ここから始まるAメロのベースはかなりききどころ!)

 

 

ドラマチックなベースラインが感動的すぎる。

窪田宏氏(key)と一緒に演っていた、

遠藤敬三さん(b)という人の演奏を思い出してしまう。

特に『Won De』というアルバムとか。いっとき熱烈なファンでした。

(この部分のベースは音が大きめに入ってる)

 

 

雨だれのようなピアノと対旋律のストリングス。

サビから入る感情を抑えたようなドラム。 

感動しまくって心震わせていると

いったい、いつ転調したのでしょうか?と思うような

気が付けば調が変わっているという、

サプライズ感のある転調もあって、涙もんでした!!

(よく聞くと、いつ転調してるのか分かるけど・笑)

 

 

エンディングは明るい未来がよぎる安心感がある。

カウンターラインのベースが最高。

やっぱ低音好きだな~。早くアルバム聴きたいな。

 

 

というわけで、

聖子さんのヴォーカルを聴いてないような文章になりましたが

書いてないだけでちゃんと聴いてます。(笑)

 

 

こういうご時世でも歌える曲を持っている聖子さんは

幸せだなと思います。

311のコンサートのときは(テレビで見たやつだけど)

白いドレスを着て「あなたに逢いたくて」を歌って、

ほんとにそれもすごく感動的で、恋愛の歌なのに、

ホールにいる聴き手が亡くなった方に想いを募らせるような感じで

気持ちがあふれ出すというか、そういう感じの歌になっていました。

なんか本物のスターだなと思う。

 

 

それにしても

地球という名の船は今後どうなっていくのでしょうね。

前よりも複雑になってきたような気がします。

皆さまもお体にお気をつけてください。

 

 

下記は現在わたしがハマっている動画サイト。

若松さんというプロデューサーが聖子ストーリーを語っていく動画です。

若松さんは聖子さんのデモテープを聴いて絶対売れる!と確信し、

デビュー前から聖子さんと連絡を取り合っていた方で

聖子さんのシングル・アルバムの曲を選んでアルバムの曲順を決めたり

ジャケ写の提案などもされてきたようです。

⇓   ⇓   ⇓

 

◇◆◇ 関連サイト ◇◆◇

www.youtube.com

  

 

***この投稿は予約送信です(たぶんもう寝てるかも・笑)

 

 

 

プライバシーポリシー