once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

犬ゾリ@ Preface(お休み記事の前置き)◆動画◆

youtu.be

犬ぞりの様子が分かる映像。(5:25)

 

これに関連した内容です   ⇓    ⇓    ⇓

www.planet2019.com

 

上記の動画は映画の「南極物語」の一部分なのかどうかはいまいち不確かだけど、雪の中の犬ゾリの様子が分かる映像です。冒頭の場面は『その犬の名を誰も知らない』の本から察するに、雪上車で行く予定だった場所(南極のポツンヌーテンという所)に、犬ゾリで向かっている場面になるのかなと思われます。雪上車で行く予定だったのがエンジン不調で雪上車で行く心配が発生して、代わりに犬ゾリで行くことになったという事情です。もしもその場面だとしたら、登場人物は①医師の中野リーダー②犬係りの菊池さん③犬係りの北村さんの3人。本によるとポツンヌーテンまでは1か月かかる長距離の遠征だったらしいです。朝起きて夜寝るまでの間、犬がソリをひいて人間が犬に指示を出して移動を続ける。犬だけでキツイときは人間も一緒にソリをひいたり押したりする。1か月も歩き続ける移動。1か月も!です!!人間と犬の食べる物を1か月分計算して荷物にまとめて、その他に人間が寝るときのテントなどもソリに乗せて一緒に移動したみたい。荷物は重いと思います。吹雪の中の移動とか、けっこう雪が深い感じがするのとか、涙なくしては見れません。この映像だと犬は胴輪をつけてソリをひいています。2:50ぐらいからは違う場面に切り替わってタロジロが昭和基地の近くで走り回ってる。他の犬もたくさんいて、何の場面なのかよく分からないけど犬がかわいい。モコモコしたのがたくさんいてかわいすぎる。あんなに大変な場所でまじめに働く犬。。旗を立てているのも何の状況なのかよく分からないけど、最後の最後はタロジロと再会した越冬隊員の映画の感動シーン。余談ですけど、南極で体を動かしているときに汗をかくと、服の中で汗が氷になってしまうそうです。防寒の役割をする服の内側に氷が張りついているなんて寒いですよね。体が冷えるのは当然だけど、靴の中で足が汗をかくと汗が氷になることで凍傷しちゃったりするみたいです。人も犬もすごい大変なんだけど、この人たちと犬は国家業務で南極に行っているので(南極の土地を回って地図を作成したりとかのお仕事)、本を読む限りでは、犬係りの北村さんが若いというのもあってか(当時大学院生)、風通しがいい印象が残ります。で、南極は「国」ではないというのをネットで見たことがあります。だから海外旅行にある「入国」とか「出国」とかはないみたい。なので具体的にどうやって行っているのか知りたいと思いました。

 

というわけで本に書かれている内容をイメージできる映像でした。別の動画では犬が早く走っていかなかったのでソリにひかれてキャン!!とかなってる場面なんかもありました(>_<)。下り坂なんかだとソリにスピードがついてしまうので、ブレーキの加減とかを操縦しないと犬がひかれそうで危ないなと思いました。で、これが北海道中を探して、体力や牽引力・体格などがすぐれた選び抜かれた犬であり、現地に行く前に北海道の稚内市で毎日×7か月の間、ソリをひくことそのものやリーダーとしての動きなどの訓練を続けてきた犬たちなわけです。350キロとかの荷物をソリで引かせる訓練で、訓練では海外のデータを上回る牽引力が記録されたそうです。

 

で、BGMは映画でおなじみのテーマソングですね。コントとかバラエティーとかでも往年にわたり時々使われていたりしているのをテレビで見たことがあります。壮大で透明感のある印象を受ける曲です。曲の長さは8分弱ぐらいですかね。本はまだ全部読み終わっていません。感動しすぎて読むのが進まないのです。

 

 

 

 <Preface(前書き)>

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

このブログは開設当初から(開設元はヤフーブログです)

年末年始・GWの投稿はお休みにしていました。

今回のGWのお休みも、それと同様のお休みです。

 

で、それとは別に、はてなブログの継続更新日数を

このまま伸ばしたいという遊びの部分もありました。

全体のコンセプトを決めた内容で

予約投稿の準備をしていたのですが

 

ここ数日の急激な社会の変動をかんがみて、

その内容で自動送信していくと

一部、問題が生じそうな部分もあるという判断に至りまして

最初に考えていた路線とは異なる内容に変えました!

 

まあ見る側にしてみたら、

内容を変えたとか変えないとかはどうでもいいことですね。

いちおう、ご挨拶的に書きました。 Prefaceは以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  

プライバシーポリシー