once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

生きていたカラフト犬 犬飼教授 ◆動画◆

youtu.be

[昭和34年1月] 中日ニュース No.262_3「生きていたからふと犬」(1:54)

犬飼教諭の肉声コメントの図

 

『その犬の名を誰も知らない』の本で受けた犬飼教授の印象は

言葉に無駄がない、でした。

この動画を見てもそんな感じがする。

無駄な感情のまじりもなくて明瞭で爽快です。

 

この方(犬飼教授)は、1次隊が南極に行くときに

南極に連れていくカラフト犬を探して、犬集めをされた方でした。

北海道稚内市で犬ゾリの訓練を行っていたときは、

犬と一緒に寝泊りされていたと言われています。

 

『その犬の名を誰も知らない』の本の中では、

私は犬飼教授に一番関心を持ちました。

なんとなくですが、

受け答えにストレスを感じない印象があっておもしろいです。

 

別の描写(文章)で読んだ内容では

どうもソリ訓練の犬と同じ場で一緒に寝ていたらしくて、

寝るときは犬の近くで寝袋の中に入って寝ていたみたいです。

言葉の通り犬と一体になって寝食を共にする、

といった様子にも惹かれるものがありました。

 

 

◆◇◆ 関連記事 ◆◇◆

www.planet2019.com

 

 

プライバシーポリシー