once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

Hypericum( ヒペリカム 赤@2種類)

f:id:planet2019:20201030211529j:plain

ヒペリカムの図。

 

この図のヒペリカムは2本あわせたら

たまたまアウトラインがラウンド状になったという図。

ココ系という品種で、2本とも同じ品種(だったと思う)。

右の方は枝の一部が折れ曲がっていました。

 

 

で、こちら ⇓⇓⇓ は 上と違う品種です~。 

f:id:planet2019:20201030211516j:plain

品種:マジカルトリンプ(←たぶん)。朱色っぽい赤。

 

ヒペリカムの赤だけでも、すごく品種が多いので

私は把握しきれておりません。

使用感覚からして、秋・冬の花材かなと思う。

  

だがしかし、園芸の手引き的には

「流通:7~9月」(←夏!)の表記が多い気がします。 

 

よく分からないのですが、なぜ実際の使用時期( ≒ 流通)と、

手引き的記述がズレるのでしょうかね。

まあそうはいっても、ここに書いてある内容は

私の体験および個人的な感覚なだけなので、

他の人はもしかしたら違う体験をしているかもしれません。

(*初めての方は念のためプライバシーポリシーを読んでください。)

 

    

【原産】ブルガリア・トルコ

 

 

◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇

www.planet2019.com

 

 

***深夜の投稿は予約送信です

 

 

プライバシーポリシー