once again

ご覧いただきありがとうございます!ヤフーブログから引越してきました。日記系ブログです。

世界史

テーマカラー@赤×黄 2部

台風被害の支援情報 @ 千葉・神奈川 - once again 今回は赤と黄色。 基本的に、色の持つ意味が国によって異なります。 昔々、わたくしが色彩の勉強をしていたときに 興味を持ち、今に至る内容でございます。 自分の備忘録としてもまとめておきたいので その…

テーマカラー@赤×黄 1部

台風被害の支援情報 @ 千葉・神奈川 - once again 今回は赤と黄色。 はい、先日は黄色と白の テーマカラーについて書かせていただきました。 ⇓ コチラです。 www.planet2019.com あのー、 冒頭の3行で話が終わってしまったことに 気が付いた方はいらっしゃ…

テーマカラー

台風被害の支援情報 @ 千葉・神奈川 - once again 黄色と白 ⇓ ⇓ ⇓ バチカン市国の国旗 黄色と白の2色配色 縦横の比率は1:1(形は正方形) この配色は、 1825年ローマ教帝レオ12世が決めたもの。 (この色に決めた意図は不明) 白い部分に書かれている柄…

終戦

今日は終戦記念日。 儚く散ってしまった多くの御霊。 鎮魂と合掌。

ダリアの日

品種:オレンジストーン メキシコでは 8月4日は『ダリアの日』だそうです。 ちなみに ダリアはメキシコの国花です。 1963年5月13日に制定されています。 ●○●歴史豆知識●○● @1840年アヘン戦争勃発 @1842年アヘン戦争終結 @1842年清国とイギリスで南京条…

19世紀

・新しい文明の時代を迎える。フランス革命による市民社会の成立と、イギリスで始まった産業革命による工業技術社会が誕生する。・色彩理論に影響を受けた、美術史上最大の色彩革命といわれる印象派の絵画が出現している。・ヨーロッパ人の関心が、科学者か…

18世紀

ヨーロッパは啓蒙時代となる。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%93%E8%92%99%E6%99%82%E4%BB%A3ロココ様式と呼ばれる美術・工芸に代表されるような洗練された宮廷文化の最後の爛熟でもあった。ファッションも遊びも貴族から富裕のな市民階級へと広まって…

17世紀

17世紀は光の世紀・ヨーロッパでは光に関する化学的研究が始まる。ケプラー、スネル、ホイヘンス多くの科学者による光学研究によって、光の強さ・波動の原理、光の反射、屈折、回折などの法則が発見された。・1666年ニュートンによってスペクトルが発…

16世紀

15世紀

・1447年グーテンベルクが活版印刷の発明 初めて印刷されたもの → 旧約・新約聖書 印刷物が飛躍的に普及する<明暗や濃淡の差異によって奥行きや立体感を写実的に表現する画法>透視図法、色彩表現、色彩科学<この時代に考えられた透視図法>1、空気遠…

14世紀

混色の禁止(15世紀頃まで続く)着色料の発見・プラトン:神が作り出した自然の秩序に対する冒涜である。(キリスト教、中世ヨーロッパ)マラカイトグリーン/天然緑青テンネンロクショウサップグリーン/クロウメモドキの実からつくられたドゥモのステン…

AD 3世紀

モザイク画の隆盛 (3世紀~4世紀)ガザレの別荘 (モザイク画)ネプチューンとアンビトティリスのモザイク

BC

プラトン、アリスストテレスが色彩論を論じる。(BC4世紀頃)BC2万~1万年 アルタミラの壁画アリストテレス (BC381~BC322)