once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

White Rose(白いバラ)

f:id:planet2019:20201012141251j:plain

図のバラは「アバランチェ」という品種のバラです。

わりと流通が多く、使用頻度高めの品種。  

育った土地(産地)や、育った時期で多少の差はありますが、

わりと茎がしっかりしていて、花が開くと大輪でとても美しい。

 

というふうに、このような美しいバラが存在していたとしても

日本人どうしの日常でバラのやり取りとなると、

かなり気恥ずかしいというか、特別すぎて緊張するとか、

意味シンだと思われたらイヤだからやめておこうとか

贈る前にいろいろ考えてしまう感じがあるっちゃありますよね?? 

異性に対してだと特にです。(←この「異性」というのは、

彼氏彼女・夫婦・職場の同僚や上司や後輩・血縁者・異性の友達、

その他あらゆるシーンを含む男女間の意)

 

これが外人だとすごくサラッとしてるというか、

映画や小説内でもそうですけど、たとえば Twitter なんかでも、

日々の(朝昼夜の)挨拶で

普通に、大きなバラの花束の画像を女性に送信して

 

「おはよう、〇〇(←相手の名前)。あなたの美しい朝。」とか

「〇〇のために存在する美しいバラ。おはよう。」とかやっている。

見てる限りでは恋人同士という感じではなさそうだし

単純に、Twitter の( ≒ネット上の)お友達、という感じに見える。

下心ミエミエで狙ってる、とかもなさそうな印象も受けます。

 

そういう、恋愛感情がない(←たぶん)相手に対しても、

記念日でもなんでもなさそうな日なのに

バラだけで構成された大きな花束を普通に贈って(画像だけど)

キザなセリフとかを普通に言ってしまうわけです、外人は。

 

文化や習慣の違いといえばそれまでだけど、

日本の場合、バラの花が気恥ずかしいというのなら

菊とか桜とか梅の花でそれを日常でやるか?となると、

それでもやらないですよね??? 

  

外人の思考って、なんで日本人と違うのかね?

(*本文中の「外人」は、パツキン(金髪)以外も含みます!) 

 

  

西洋人のバラに対する考え

⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓  

◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇ 

www.planet2019.com

 

 

***深夜の投稿は予約送信です

 

 

プライバシーポリシー