once again

切り花と世界のこと+日常記録のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

【भारत】農民・盲目・ダリッド@インド(※動画あり)

f:id:planet2019:20210112020859p:plain
f:id:planet2019:20210112020908p:plain

動画から引用した図。

 

さてさて。年末から数日かけてインドのことを投稿しました。 

表題の内容については、書こうか、書かないか、少し迷いました。

しかしスルーするのは不自然かなと思い、書くことにしました。

 

私がTwitterで時々目にするのが以下の3点。 

①農民のデモ

②「盲目の人に近寄らないでください」という言葉

③ダリッド

  

①は政府と農民が対立している様子。詳細は不明。

自分が見ている限りでは3~4週間ぐらい続いている。

 

②のセリフが入った投稿もけっこう見るけど

意味がよく分からない。

 

そして③の「ダリッド」という単語を含む投稿。

最初は「ダリッド」のことがよく分からなかったけど

いい雰囲気の言葉ではなさそうなのが徐々に感じ取れてきて。。

もしかしたらご存じの方がいらっしゃるかもしれませんが、

検索したら差別用語的な言葉でした。

 

ヒンドゥー教の人たちの間では階級があって

それは生まれたときから決まっているそうです。

宗教の教えとしては、前世の行いが悪いと

低い階級として生まれてくることになり、

生きている間は上の階級になることができなくて

現世の行い次第では、次に生まれ変わったときに

上の階級の人として世に誕生できるかもしれないというもの。

 

低い階級の人が触ったものは不浄とされ、上の階級の人たちは触らないとか、

低い階級の人が出したお茶や食事は、上の階級の人たちはクチにしないとか、

階級の職業の差別もあって、下の階級の女性は、外のトイレの糞の回収。

(スコップですくってザルに入れて回収して掃除して回る)

 

男性は配管にたまった汚物のくみ上げ。(裸足で素手で行う。)

これはですね、日本でも昔は、水洗トイレが普及する前は、

ボットン便所がメジャーなトイレでしたよね。

(しかるべき場所に汚物がたまっている)

バキュームカーが汚物回収で定期的に巡回するのですが

そのバキュームカーの仕事を、男性が手作業で行うというもの。

 

男性も女性も不衛生な仕事なので病気になったり、

病気で亡くなったりすることが多いのではないかと思う。

 

近年では企業のデスクワークで

ダリッドを雇用する動きもでてきているようですが、

会社内では誰がダリッドなのか分かるみたいです。

ダリッドが触ったものは使いたくないとかもあるみたいで

完全に差別が解消されているわけではなさそう。

 

で、結婚式の会場内は不特定多数の誰でも自由に参加できて

新郎新婦の知り合い以外でも会場に来て飲食OKなのですが、

そこにダリッドがくると。。。

上の階級の人たちがダリッドを殴る蹴るなどして

死傷事件に発展することもあるようです。

しかし互いに見ず知らずで、

おそらく初対面の他人同士ではないかと思うのに、

そのような場で、なぜ相手の階級が分かるのでしょうね???

 

もちろん結婚は同じ階級同士の方が、なにかと安全なので、

親が選んだ相手とお見合い結婚することが多いみたいです。

あと、少し話がズレますが

結婚で階級と同じぐらい気にするのが「星回り(占星術)」!!

 

男女の生まれたときの星回りを総合的にみて

二人の将来が、占い的に幸せか不幸かを調べて判断して、

幸せな星回りで一致するなら結婚はゴーサインで

不幸になると占いで分かっている場合は、お見合いは中止するみたい。

男女の「生年月日+生まれたときの時間」を元に調べるので

子供が生まれたときは、出生時間もきちんと記録するそうです。

 

基本的には同じ宗教の、同じ階級同士で結婚するようですが、

違う階級の男女が恋愛して、

仮に親や親戚が結婚を許してくれたとしても

 

生まれてきた子供はどちらの親の階級として生きていくのか、

本人や親族が亡くなったときの葬儀のやり方はどうなのかとか、、

(下の階級の人は上の階級の葬儀に参加できるのか?お墓はどうなのか?等)

問題はありそうな気がします。

 

結婚相手が外国人の場合(国際結婚)は、

インド人のヒンドゥー教の階級が下がってしまうこともあるみたいです。

階級が下がると、今まで通っていたお寺でお参りができなくなって

下がった階級の人たちが礼拝する場所にお参りに通うことになるらしい。

 

外国人の配偶者は、結婚当初はそのことに気が付かなくて

生活しているうちに「そういうことが起きていた」というのが分かって

それを知ると悩んで苦しむ外国人配偶者もいるみたいです。

 

私は信仰がないので宗教のことは深くは分からないのですが、

ヒンドゥー教だと生まれたときにすでに階級が決まっていて

その家に生まれたら代々その階級なわけで、

死ぬまで階級が変わらない点でみると

上の方の階級として生まれてきていたら、それはそれでいいかな?

と思うと思うけど、 

 

下の階級の家に生まれたら

生きている間は、他の階級から差別的な暴力を受けないように

常時神経を使って生活しないといけないわけで。。

(警察もダリッドには差別的なひどい扱いをするそうなので

警察であっても信用できない感じがします)

 

だからといって、日本に生まれて、日本で生活していて、

自分の場合は無宗教だし、無宗教の日本人で良かったと、心の底から思う、

というわけでもないです。

 

イスラム教の人たちを見てると(←Twitterで、ですが)

決まり事(宗教の教え)があって、信者は決まり事に忠実だし、

イスラム教同士で結婚するから生まれてきた子供もイスラム教で

生まれたときからそれをしているので

秩序とか社会性が、一定に保たれているように見えるし、、

(信者どうしの人と人の繋がりも表面的な感じがしない。結束力を感じる。)

 

日本だと決まり事(≒ルール)なんて、表向きにはあったとしても、

人の目がなければ守らなくてもどうでもいいと思う人は

けっこう存在している感じはあるし、

ちょっとのことでいちいちクレームを言ったりする人もけっこう多いし、

そもそも、生きている中で、何かに対しての「忠誠」があるのか?

という感じで、表面だけきちんとしていれば

陰では何をやってたとしても、バレなければやったことにならない、

というのがコトの大小に関係なくあるにはあるので、根底からして違う。

そして、それによって何かしらのしわ寄せが発生すれば、

ほかの他人の誰かにそれがいくわけです。ある意味、生活しずらいです、自分は。

 

忠誠があったとしても

戦前・戦中時の兵隊さんが、上の人に対して服従するとか、

戦中・戦後の「テンノウヘイカバンザイ」とかで自決する

とかぐらいしか思いつかないです。 

  

で、私の「無宗教」の部分は、信仰を持つ外人からしてみたら

異常だと思う人もいるみたいです。てか、Twitterで外人と接するときに

宗教には触れないようにしているのですが、

チャット状態になったときに話題になったときがあって

「(自分は)何も信仰してない」と外人にいったときに、

すごいびっくりされちゃって、リアクションのしようがない的な空気を

こっちに向けているのをパソコン越しに感じたときがありました。

「日本人は私が見る限りでは、信仰を持つ人は少ないと思う」と補足したら

その人は、さらにドン引きしていたようでした。。

 

  

<おまけ> 

 この動画で ↓↓↓ インド人がインドのカーストのことを説明しています。

日本語ベラベラです。

youtu.be

インドのカースト制度の現状、カーストはまだ消えていない(5:53)

 

 

 ◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇

www.planet2019.com

 

 

***投稿は予約送信です

  

 

プライバシーポリシー

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログへ