once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越ししてきました。

AUDREY@ドキュメント映画

f:id:planet2019:20201216201630j:plain
f:id:planet2019:20210127230629j:plain

図:ガーベラ (キク科)

 

オードリーヘップバーンの

ドキュメント映画を観てきました。

公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

 

audrey-cinema.com

 

「語り」の声が眠りを誘う低周波な感じで

ところどころ、うたた寝してしまった・・・。(´・_・`)

 

こういう映画は「本人のイメージを守る」ため

という目的もあるだろうから

どこまで本当のことなのかな?と思っちゃうのですが。。

 

語りの内容としては

だいたい知ってる内容だったので

自分の中で、ある意味答え合わせ的な内容でした。

が、思っていたことと違った点もありました。

 

彼女はユニセフの慈善活動をされていた、

ということは報道で知っていましたが

私は彼女のこの活動は、彼女が自分で稼いだお金で

自腹で行っているのかと思っていました。

 

けども、実際は(というか、映画によると)

ユニセフから活動しませんかと声がかかり、

活動することにした、とのことでした。

ふー-ーん。。。て感じ。

 

じゃあ、活動の移動費用(渡航費)とか

宿泊費などはユニセフ持ちなんだろうし、

もしかしたらギャラも出ていたのかな???

(ユニセフに募金するのは考えてしまうね)

 

 

その他、知らなかったこと ↓ ↓ ↓

●オードリーヘプバーンは戦争体験者である

 

ベルギーで生まれて ⇒ オランダに移り住んだけど

 

そこで5年の戦争体験をしていた。

 

 

戦争下の生活で、食べるものに困るぐらいの

 

貧困を体験したそうです。

 

 

 

だとしても、あの時代にあんなに手足が長い外見で、

生まれた時点からして容姿に恵まれていた、

という点が私はすごいと思う。

昔の女の人生は(今もだろうけど)ある程度までは

外見でほぼ決まるといっても過言ではないから。

 

それにしても、

映画をみてもスッパリしなかったことは

「子供の頃からバレエを習っていた」という点。

親が別居して貧乏だったというのを

雑誌で読んだことがあるけど

貧乏なのに習い事はどうして可能だったの?

いうほど貧乏ではなかったのでは???て感じ。

 

まあ、あれだけの世界的なスターであれば

隠したい事実もあるんだろうけど。

 

 

*** ヘップバーン☆sayoさん的プチメモ ***

昔々、LAのチャイニーズシアターに

行ったときのことじゃった。(byアメリカ)

 

 

そこには有名人の手形があるのです。

私はオードリーヘップバーンの手形を求めて

くまなく見て回りました。

 

 

しかし、

ヘップバーンの手形をみつけることは

できませんでした。

 

 

そばにいた誰か(誰だったのか忘れた)に尋ねると

彼女はアメリカ人じゃないから彼女の手形はないよ、と。

そう言われて、そうなんだーと納得しましたが

(ヘップバーンはベルギー人です)

 

 

あとになって、

あの場所(チャイニーズシアター)の手形は、

アメリカ人だけなのかな?

という疑問が。。

 

 

なぜなら、

日本人の手形もあると聞いたことがあったから。

こっちでは有名な日本人じゃなくても

海外で有名な日本人なのかもしれないし、

もしくはアメリカ国籍の日系人なのか?

どんな日本人なのか、自分は詳しく分からないけどね。

 

 

※チャイニーズシアターの手形について

詳しく分かる方からのコメントをお待ちしております!

 

 

 

※私のブログは、パクリ・引用・リンク貼り付け・複製禁止です。

【3】はこのブログでは禁止行為です。【3】をやり続けているあなたは課金してください。

 

 

 

キク科の他の花はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

前回観た映画はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

★投稿は予約送信です  

 

★初めての方は プライバシーポリシー を読んでください

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ