once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

What is the dog's name?(その犬の名は?) ◆動画◆

youtu.be

Downtown Pittsburgh Dog Sledding 2015(3:14)

2015年の犬ぞり ピッツバーグのダウンタウンにて

 

第1次南極越冬隊の北村さん(犬係り)が

第3の犬を解明すべく、膨大な資料を集めて

裏付けをとる作業を進めた結果

「第3の犬」はどの犬だったのか。。

 

第3次で北村さん(犬係り)が

南極に行かれたときに

①タロとジロが生きていた、というできごとと

 

氷雪を掘り起こした作業で

②首輪抜けしたことが分かった犬と

③鎖に繋がれたまま死んでしまった犬

がいたことが分かって

 

南極に置き去りにしてきた犬の

その後の犬の様子が

①②③の3通りあったということが分かって

③は水葬して、と。

 

①と②の犬たちが実際どういう様子だったのかは

当時、見ていた人は誰もいないので

実際の様子は誰にも分からないと言ってしまえば

そこで話が終わってしまうのですが。。

 

過去の事実関係の資料(記録)を取り寄せて

膨大な資料を読み返して、

思い出した出来事を時系列にまとめて

それらを元に推論を立てていって

犬のそれぞれの性格とも照らし合わせて

 

いろいろな方向から見て考えた上で、

北村さん(犬係り)が思う、

検証の結論、

という感じなると思うのですが。。

 

第3の犬はなんという名の犬なのでしょうね。

私は最初、瞬間的にリーダー犬の「リキ」だと思って

「リキしかいない!」

と自分の野生の勘を元に強く信じていたのですが

 

本を読み進めていくにつれて

タロジロと最後まで一緒にいた犬は

もしかしたら「シロ」じゃないかな~と

思うようになっていきました。

(私のただの想像でしかないのですが。。)

 

で、首輪抜けした犬は、映画の南極物語みたいに

全員で一緒に行動していて

映画のように事故で1頭ずつ減っていって

最後は3頭になったのかも?とかも思いました。

(これもただの私の想像です。)

 

最初は犬同士でケンカが多かったにしても

1年ぐらいソリ犬で活動するうちに

ケンカが減っていったということなので

わざわざグループに分かれて行動するかな~?

とかも思ったりしました。

 

うちで飼っていた犬(ヨーキー♀享保17歳)

でいうと、

一人で時間をつぶせないというのがあったり

人間が大好きで

いつでも家族と一緒に居たい(=群れの中に居たい)

というのが常にあったり

 

家族が別々の部屋に分散していたりするのとかも

耐えきれない!という感じがあったり。。

(早くリビングに集まって!!と

呼びかけしてきて

家の中でしつこくパトロールすることは

いつもありました)

 

それを思うと

グループに分かれて行動するかな~?と。。。

 

とは言っても、

当時のあの犬たちと濃厚接触していた方は

今は北村さんしか存在しないようなので

北村さんの検証と考察と証言が頼りなのは

そうなんですけどね。。

 

資料を取り寄せたり、分類したり、見直したり。。

大変な作業だっただろうなと思うのと

細かい記憶がよみがえってくる過程なんかは

楽しかっただろうなとか想像して

うらやましいなと思ってしまった。

 

 

 ◆◇◆ 関連記事 ◆◇◆

www.planet2019.com

 

 

 プライバシーポリシー