once again

切り花のこと + 世界のこと + 日常記録 のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

ラナンキュラス(Ranunculus)

f:id:planet2019:20210210013610j:plain
f:id:planet2019:20210210013615j:plain
f:id:planet2019:20210210013604j:plain

ピンクのラナンキュラス。イメージ図。(キンポウゲ科)

 

花びらがたっぷりで満開になるとふわふわです。

つぼみはコロンとした状態で

少し開くとカップ咲きのバラみたいですね。

 

この花は、最初は一重咲きだったそうです。

18世紀にイギリスで改良されて

花びらたっぷりの花に変わっていったとのこと。

 

1輪の花には

100~200枚の花びらが

重なり付いているそうです。

 

幾重にもかさなり、幾重にもかさなり

花として生まれたことの運命をつづっているかのようです。

(「風に向かう一輪の花」by松田聖子 の歌詞パクリ)

 

私はこの花を見ると、

演歌歌手の水森かおりさんの衣装を思い出します。

紅白のときの、あの、巨大ドレス!

 

どれだけの布を使っているのか、とか

どこに保管しているのか、とか

着たり脱いだりはどうやっているのか

いつから作り始めるのか、とか

デザインはいつ決めるのか、とか

何人で作るのか、制作場所はどこで?。。。など。

 

見ながら、すごい色々考えてしまう。

とくに満開のラナンキュラスは

水森かおりさんのイメージが強いです。

 

  

【主な産地】宮崎県

【原産】西アジア・地中海沿岸

【和名】花金鳳花(はなきんぽうげ)

  

  

◇◆◇ 関連記事 ◇◆◇

www.planet2019.com

 

「松田聖子」のキーワードがでてくる投稿はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

***投稿は予約送信です

  

 

プライバシーポリシー

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ