once again

日記ブログです。ヤフーブログから引越してきました。

Canary and cat(カナリアと猫)@南極 ◆動画◆

中近東方面の個人の方の動画の図。

youtu.be

Beautiful Syrian canary singing تغريد كناري ماوردي سوري

美しいシリアのカナリアの歌(0:44)

 

<なぜに、カナリアと猫なのか?>

 

『その犬の名を誰も知らない』の文章によると

 

カナリア(2羽) と 猫(1匹)

 

一緒に南極に連れて行っていたみたい。

 

私はこのことは初めて知りました。

今までずっと知らなくて、

南極に行った動物は犬だけだと思っていたので

「カナリア」と「猫」の単語を

二度、三度、と見てしまいました。

 

①第二次南極越観測隊が、

宗谷(読み方:そうや/船)に乗って南極に来て

②第一次隊と第二次隊が引き継ぎをして、

③一次隊が宗谷で帰る、

というときの描写で登場します。

 

けども、何のために連れていったのかまでは

書かれてありませんでした。誰かのペットだったのかな?

 

それにしても鳴き声が美しい。

何の娯楽もない場所で

この歌声を聞いて和んだりいやされたり

欠かせない存在だったのかも。

 

で、子供の頃に文鳥を飼っていたことを思い出しました。

毎週土曜日か日曜日に鳥かごの掃除をしてました。

夏も冬も。自分のお年玉で買った鳥だったので。

手乗りでかわいい文鳥でした。笑

 

 

◆◇◆第二次隊として南極に行かれた方  ⇓   ⇓   ⇓

www.planet2019.com

 

 

プライバシーポリシー