once again

切り花のこと + 世界のこと + 日常記録 のブログです。ヤフーブログから引越してきました。

五輪選手取材・カメラマン感染・静岡放送@悪質感ただようニュース

f:id:planet2019:20210627135634j:plain
f:id:planet2019:20210627135641j:plain

白と黄色のバラの図

 

www.asahi.com

 

 ニュース本文より引用 ↓ ↓ ↓

>静岡放送(SBS)は同日、現地で取材した報道制作局の30代の男性カメラマンらが陽性になったと明らかにした。

 

 

ぱっとみ、

「海外選手(シンガポール)を取材したら ⇒ 感染した」

(≒ 海外選手からコロナをうつされた)

というふうに思う人が続出するような内容ですが、

 

よーく読むと、

①感染したかも?という経緯がある人が

②海外選手の取材に出向き

③後日、検査したら陽性と判明した

という内容。

     

しかも、

④海外選手に感染させてしまうかもしれないから

取材に同行しない(させない)とか

⑤感染の心配(疑い)があったけど取材に行ってしまって

まずいことをしたと後悔している(本人談)

 

などは伝わってこない内容です。

こういうモノの言い方も、日本人の

ものすごい特徴のひとつだと思う。  

というか、最低な書き方のニュースって感じ。

 

一般ピーポーでもたまにいるけど、 

主語もなく、突然、話しだし

一方的にダラダラ何か言い続けていて

若干、感情的な含みがあり

こちらに何か非があるような物言いに聞こえるので

どの部分にこちらの落ち度があったのか確認するため

順を追ってひとつひとつ質問していくと

 

結局、こっちがきちんとやったものを

相手が何かしらのヘマをして

やり直しが必要な状態にしてしまった、と。

 

それを直接言わずに、

あたかもコッチが何かしでかして問題が起きた、

と匂わせるような言い方をして 

わざと場を興奮させるような態度をとって

 

その人が自分の不始末を隠ぺいする目的で

その人が被害を受けて混乱・困惑しているという態度を

わざと演じる、という言い方。 

(根本的にバカなんだろうけど、そういう方向には知恵が回るので

けっこうな精神イジョウシャとも捉えることができる)

 

このニュースは

それ系の文章の書き方をしている。 

 

<まとめ>

ものごとの主旨をすり替えようとして

わざわざムダな時間と労力を使うな、という感じ。

すり替えても結局バレるわけだし。 

そもそもなぜそういう習性を持つ種類が

世に誕生するのかスゴク不思議!

   

で、このニュースの場合、外人からドひんしゅくを買って

軽蔑され信用を失うという流れになりかねません。

日本にいる日本人の日常生活には公共性がなさすぎるよ。

人の目があるときは善人を演じる習慣はあるのに。

  

<個人的な結論>

どんな人が出歩いているのか

分かったもんじゃないので

気軽にあちこち出かけられません。

  

体温38℃と思われる人が徘徊していた驚愕の事実 ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

  

五輪中止の声に関する時事内容はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 他のバラの図はこちら ↓ ↓ ↓

www.planet2019.com

 

 

***投稿は予約送信です

  

 

プライバシーポリシー

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へにほんブログ村 その他日記ブログ インテリ日記へ